So-net無料ブログ作成

三省堂 講演会 締切近づく

平成27年3月8日 日曜日 三省堂神保町 本店  チケット絶賛発売中
定員に達し次第締め切りになります。

150308ポスター田中博史先生講演会.pdf

新刊「子どもが変わる授業」もおかげさまで好評です。
前回同様、子どもたちと接するときの私たち教師の心構えについて
いろいろと種明かしをしました。
私のクラスは今六年生ですが、本当にかわいいままです。
いろいろな先生からうらやましがられてます。

そんな子どもたちとも、二年前はいろいろありました。
いや、どの世代のクラスも最初は人間関係力を育てるのにとても苦労してきました。

そんなとき、私が子どもから学んだことが本当にたくさんあります。
その一端をお伝えし、今、学級づくり、授業づくりに悩んでいる先生たちのお役に立てればと思います。

この講座は、教育に興味があるのなら、子育てお悩み中の保護者の方が来ても大丈夫。

みんなで明日から子どもと笑顔で接することができるようになれれば幸せですよね。
参加される皆さんにとって価値ある一日としたいと願っています。

ちなみに芸人さんたちといつも行う8月のトークショー。
今年も8月17日に紀伊国屋で行うことが決定しました。
まだゲストは検討中ですけどね。あわせてお知らせいたします。


三省堂 講演会 受付開始 田中博史の新刊案内

先日お知らせした三省堂の講演会の受付が始まりました。
早速何人もの先生たちから申し込みをいただき喜んでます。
三省堂も出足が早いのでびっくりしているとのこと。
定員100名になり次第締め切ります。

東洋館、三省堂など下記のいろいろなところから申し込めます。

東洋館website
http://www.toyokan.co.jp/news/n10774.html

三省堂fasebook
https://www.facebook.com/notes/885427534835638

三省堂申し込みページ
https://reg34.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=nfoc-rdsjo-052ad9e3f09d779cd6eb60760b597818

新刊本 子どもが変わる授業 刊行記念講演会 開催 3月8日(日)

昨年、発刊しました「子どもが変わる接し方」(東洋館)の本は
おかげさまであっという間にたくさんの重版を重ね、近年の教育書の中では一番の動きを見せた本です。
この続編を・・ということで、2月下旬に第二弾「子どもが変わる授業」(東洋館)の発刊が決まりました。

前作は完全に学級づくりに焦点をあてたものでしたが、今回は少し授業づくりと学級経営が
クロスオーバーした作品になりました。
本当は退職するまで種明かししたくないこともたくさんあるのですけどね。今回もその一部分を・・。

講演会ではもっと深層に迫るおはなしもできるかもしれません。(笑)

私のクラスは六年生。もうすぐ卒業。今、クラス一体となって日々をいとおしく過ごしてます。
本当に素直で素敵な39名。この幸せをかみしめている日々です。

それでは三省堂であいましょう。
受付開始は2月9日からです。

ちなみに、前日は神楽坂で授業実践講座ファイナルをしています。
こちらは教材、教具を用いた算数授業の作り方に焦点をあてた活動型の講座です。
夜は懇親会もあります。
そして翌日は本の街、神保町の三省堂8階で講演です。
こちらは学級づくりに特化した講演となってます。
二日間来れる方あるなら、みなさん、なかよくしましょう。


150308ポスター田中博史先生講演会.pdf

沖縄 講座 大盛況  

先週の土曜日は沖縄の実践講座。
東京は大雪でしたが沖縄は16度。それでもこの日は風もあり肌寒い東京の秋といった感じ。
でも会場のホールは200人満員で、笑顔の先生たちと楽しく遊びました。

前半は教具を使った算数の授業の進め方を実際に子ども役になってもらって
展開しました。先生たちも無邪気にはしゃいでいていい感じ。

後半はテストもできる子にしたいということで、日々の授業で教科書、ドリルをどのように使い
テストに結び付けていくかという話題。みなさん熱心にメモを取っていらしゃいました。

私が今回新しく作り直したドリル「算数の力」と市販の「算数の力テスト」には
さまざまなリンクの仕掛けがしてあって、子どもたちがテストに向かう力も伸ばそうという試み。

実践力が問われるこの時代に、大切なのは子どもたちが自分で自分を試そうとする力だと思うのです。