So-net無料ブログ作成

2016年度授業実践講座もあと2会場 さらに2017年度の開催地決定!!

先週の土曜日の広島での実践講座は盛り上がりましたね。100名を超える参加者の熱気。若さあふれる素直な反応の広島の先生たちの姿に感動してしまいました。
2016年度の実践講座もあとは横浜会場と沖縄会場を残すのみ。横浜は来週の土曜日。横浜会場は今年が最後の予定。ぜひお誘いあわせの上、ご参加ください。
毎年、ラストに訪れる沖縄は今年は250名を超える参加者で待ち構えてくれています。ここも毎年すごい盛り上がり。全国の皆さんにこうして週末お会いできるのが私の大きな楽しみにもなっています。
全国各地のたくさんの先生の声にこたえて来年度は、訪れる街も10都市に増やして、ハードな計画を進行中。

予定では、北から札幌、仙台、郡山、京都、大阪、神戸、広島、山口、福岡、沖縄とツアーしていくように計画中。札幌は昨年参加の先生たちの温かさで二度目を決定。郡山、大阪は待望してくださるたくさんの先生たち声で復活、2017年度の新規としては神戸会場も。もちろん、開始してからずっと盛り上げて下さっている仙台、昨年初めて行ってみて大盛り上がりだった京都、福岡、そして我が地元の山口(長州田中桂塾)、そして今回の広島も継続することに決定。

関東地区ではこれとは別に「授業人5人会」の企画がひそかに別途進行中。先日、お知らせした奈良、新潟、東京の応募者のところも含め、新たな計画を予定してます。
ところで全国ツアーが関東にあまりないのはなぜ?という質問。
こちらは東京の筑波大学附属小学校で、年間たくさんの研究会が行われているので、ぜひこちらに参加してほしいから。
今年も全国算数授業研究会、オール筑波算数フェスティバル、算数公開講座、そして夏にはまた紀伊国屋で吉本の芸人さんとのトークショーなどで皆さんにお会いできるのを楽しみにしています。

定年まで残り二年の田中博史、ますます元気です。(笑)

低学年の心を育てる研修会  3月18日(土)

新学習指導要領では、学びに向かう姿勢を育てることの大切さが注目されている。
道徳的な心の育成の視点と共に、子どもたちの学びの意欲、そして今学んでいることが生涯にわたる生き方を考えさせることにつながる・・。そんなことも考えてみたい。
「先生、どうして算数を学ぶの」
「授業ではあんなにいいことを言っていたのに、どうしてけんかが起きるの」
算数や道徳をやっているときに、よく聞かれる言葉。
今回は加藤宣行の道徳と田中博史の算数の公開授業を通して、具体的な子どもの姿を通して語り合ってみようと思います。

公開授業とは別に、参加者の皆さんと語り合うワークショップも予定しています。
担当は国語が桂聖、理科が白岩等、図工が仲嶺守之
となっています。
の図工語詳しくは添付の研究会案内で。
teigakunen2.pdf

私も定年まであと二年となりました。
おそらく低学年(1,2年)の子どもたちと行う公開授業は、この日が最後になります。
楽しく、笑いのある こころが温かくなる45分にしたいと思っています。どうぞ、みなさん、ご参加ください。

授業人5人会 申し込み満杯 締め切ります。ごめんなさい

あっという間にたくさんの先生方から依頼が来ました。
のんびり一月の終わりまで待つつもりでしたが、若い先生たちからの熱意に圧倒されてます。
日本の若き先生たちってすごいですね。
ここまでの申し込みで経験年数の浅い先生たちを優先して
奈良県、東京都、新潟県の3つのグループにさせてもらいました。
お会いできるのを楽しみにしていますね。
それでは、皆さん今年も楽しくやりましょう。


田中博史と授業人5人会 2017年

それでは、2017年の五人会のお知らせ

私の方から出かけます。算数仲間、授業大好き、子ども大好き五人組で声かけてください。
費用は一切いただきません。
こういう趣旨の企画なので、今年すでに行く研究会やその関係者はご遠慮ください。
あくまでも、予算のない、教職経験の浅い先生たちの悩み相談にのることが目的です。

日時 そちらの都合の良い土曜日(2017年中) 午後か午前かは応相談。
人数 五人 男性の先生のみとか、女性の先生のみのように偏らない方がいいなあ
内容 子どもの具体的な状態について話ができるといいです。できれば実物資料などもあるとわかりやすい。
 例 こんな考え方をするんだけど・・・。ノート、ドリル、テストなどの回答などを見て
   こんな行動をする子に困っているのだけど・・・
   これが苦手な子がいるんだけど・・・
参観日のお話が苦手なんだけど・・・
   その他 授業づくり、学級づくりなど話題はなんでもあり。
応募の仕方
 下記のメールアドレスに、参加希望の五人の名前と教職経験年数を入れて申し込んでください。
申し込みは1月下旬まで。
 このメールアドレスは1月下旬まで有効ですが、申し込みがたくさんになった場合は、その時点で閉じます。詳細はこのブログでお知らせします。

 申し訳ないです。この企画 1/5の時点で締め切りました。
         アドレス封鎖します。  *******@yahoo.co.jp

 先着三組と言いましたけど、次のような内容に応じて、決めさせてもらいます。

 初めての応募者 経験の浅い先生の方を優先

 決定しましたら、こちらからご返事いたします。具体的な日時はそれから別の連絡方法で相談します。なお、残念ながら今回は行けない場合のお返事はブログにてお知らせいたします。

 次回は逆にベテランの先生、研究主任やスクールリーダー対応の会を企画します。
 全国のいろいろな先生方と、直接お話しできる機会を増やしたいと思います。
 今年もよろしくお願いしますね。


新年 あけましておめでとうございます

2017年になりました。
あらためまして、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
年明けから、早速、全国ツアーの続きに出かけます。
まずは1月21日が仙台です。仙台の講座は毎回、あっという間に申し込みが埋まってしまううれしい街です。参加される先生たちの熱意もひしひしと伝わってくるところで、楽しみにしています。
1月28日は広島に行きます。広島での講座は第一回目です。初めてお会いする方もたくさんあるのではないでしょうか。新しい出会いを楽しみにしています。
このツアーとは別に毎年おこなっている山口県の「超一流に学ぶセミナー」という桂先生たちが企画している会があります。今年は久しぶりに私が授業します。
月末の31日には鹿児島県での研究会もあります。

今年も楽しく算数できる教室が増えることを願っています。田中博史も定年まで残り二年となりました。今のうちに伝えられることは伝えておきたいなと思います。皆さんのためにできることはしておきたいなと。今日まで自由な「授業人」でいられたのも私を支えてくださったたくさんの先生方のおかげ。だから恩返ししないとなあと思いまして。
全国で算数に燃えている先生たち、学級づくりに悩んでいる先生たち、私が協力できることはいたしますので、どうぞ皆様、上記の研究会の会場でも気軽に質問など声をかけてください。

でも、それではなかなかしっかりと話ができないという声もあるので今年も下のような企画いたします。

全国どこでも田中博史が無料で出かけます。旅費、講師料、宿泊費など一切いただきません。
みなさんの真摯な算数授業づくりの相談、また学級づくりに関する相談にのります。
どうぞ、声をかけてください。まずは申し込み先着3組まで。

条件
今度の会は「授業人五人会」です。参加者は五人まで。絶対に。
他の条件はなし。あっそうそう。できれば地元のおいしいお酒を飲ませること。(笑)

なぜ五人か。それは一人一人とちゃんと話ができるから
テーブルに私を真ん中にいれてもらって計6人で座るとちょうどいい。先日、京都でそんな会をしてみたら、みんなと顔を見ながらお話ができたので。

申し込み方法は、近日中にこのブログで公開。お見逃しなく。
参加予定の5名の名前を入れて申し込んでもらうので、仲間と連絡をとりあって待っててくださいね。

今年もみんなで楽しく算数談義、子ども談義しましょう。何より子どもと過ごせる時間を大切にしましょう。
2017年もどうぞよろしくお願いします。