So-net無料ブログ作成
検索選択

講師依頼 締め切ります。ありがとうございました。

いやはや、みんなの速さにびっくり。
4件打診いただきました。ここで打ち切らせていただきます。
また、落ち着きましたら、皆さんのところにいけるよう調整します。
全国ツアーもしてますので、ぜひそちらにもきてくださいね。

研究会講師依頼 ほんの少しだけなら・・・

この企画6/29の時点で終了です。>>>>>全国の先生方から研究会の講師依頼をいただいてましたが、今年度は立場が変わったのでしばらくずっと断り続けていました。新年度になり、三か月が終わろうとしてますが、やっと少し落ち着いてきたので、9月以降でしたら、ほんの少しだけですけどお引き受けすることができそうです。
ただ、電話をいただいた方をすべて覚えているわけではないので、こちらからの電話はいたしません。お許しください。罪滅ぼしにこのブログで少しだけ引き受ける窓口をつくってみました。
今のところ先着4件だけです。校内研究会など小さな会でも構いません。私でお役にたてるならば・・・。
一般には、「授業公開+講演」という依頼が多いのですけど、内容もテーマもそちらのニーズに合わせます。でも、今回は本当に4件だけです。下記のメールを活かしますので、こちらにお問い合わせください。

uketuke2017@yahoo.co.jp  → 6/29 am6:00受付終了

でも、後期からは週末の全国ツアーなども予定してますので、そちらにも来ていただければお会いできます。
それでは、また。

素敵な誕生日になりました メッセージくださった皆さんありがとうございました

誕生日の朝、副校長室に入ると、そばにいたT先生が「校長先生から急ぎの連絡があって校長室においてあるから朝いちばんで確認してください」と真面目な顔して伝言。「なんだろう」と思って急ぎ、校長室に入ると・・・。
元の私のクラスの三年生が隠れていてハッピーバースディをしてくれた。
感激です。それにして子どもたちってどうしてこんなに純粋なんでしょう。
どうやら今の担任も校長も了解していたサプライズのようで、いやはやまいりました。
家に帰ると今は一人暮らししている29歳の息子からワイン、娘からもネクタイとスカーフが届いていていい誕生日になりました。
それにしてもあっという間の59歳。気が付くと もう還暦まであと一歩。
教師になって36年が過ぎました。
山口県の公立小学校で9年間、その後筑波大学附属小学校に赴任して今年で27年。担任一筋で35年過ごしてきて、最後の二年間を不本意ながら管理職をする羽目になりましたが、まだまだ子どもたちとそばにいることができて楽しめています。
今は、教えている4年生との一日一時間の算数授業も貴重な私のエネルギー源。
さてさて、明日はどんな算数しようかなと考えていられる自分が幸せですねえ。

全国の算数職人の先生方、我が同志の方々。健康には気を付けて皆さんも算数人生、楽しんでください。

追伸
紀伊国屋のチケット、今年は昨年より売れ行きがいいそうで紀伊国屋さんも喜んでくださってます。
皆さん、お待ちしています。

中川家礼二さんとのトークショー 先行発売に伴ってチケットプレゼントのお知らせ

8月21日のトークショーのチケット発売が始まりました。
早速、たくさんの方から「もう買いましたよ」のメッセージが届いてうれしいかぎり。
そこで、またいつものように、チケットプレゼント企画をします。
まずは明日の本校研究会の算数部分科会において・・。

明日、私を校舎内で見つけた人、分科会の休憩時間、または懇親会に参加した人。

もしも希望するなら次の合言葉をどうぞ。

あなた「ブログみました。チケットプレゼントに応募します。合言葉は」
私「明日の子どもの」
あなた「えがおのために」

ごうかーーーく。 笑
ただし先着2名まで。

次回のチケットプレゼント企画はオール筑波算数サマーフェスティバルで。その時までお楽しみに。
みなさん、紀伊国屋ホールで待ってますね。



最高にかわいい4年生との授業

授業が始まる前、子どもたちと数字カードを使って遊ぶ。
0から9までの数字カードを使って3けたの数をつくり、どちらが大きいかを競う。勝負は私と子どもたち。
連続して私が3回負ける。
この時、できた数を使って3けた÷11の素材にする。つまり、遊びの段階からもう数の仕掛けがはじまっていたというわけ。
なぜか、先生が選んだ数は11できれいに割り切れる。でも子どもたちが選んだのは割り切れない・・。
そんな展開を考えていた。でも、神様のいたずらか・・・。
偶然なのだが、子どもたちがひいたカードもなんと割り切れてしまった。
でも実は私は、この時、逆にしめたと思っていた。それは授業後半でどのようにして例外を示そうか考えあぐねていたから。なんだ、ここにちゃんとでてきたではないか。それならこれが後半に使える・・。しかも割り切れないのも割り切れる数に修正するのがやりやすいものがいくつかある。ふむ、つかえる、つかえる。この偶然に感謝。そう考えて授業の展開方法の続きを考えていたら、なんとカード操作を見間違えて、私の選んだカードに数字の間違いが出てしまった。冷や汗。冷や汗。まずいまずい。やはり調子に乗ってはいけないなあ。笑。それでも終始、笑いとあふれる授業になって、子どもたちと向き合える授業の楽しさを痛感。
この子達、なかなかやるなあ。次回は、7月のオール筑波。この子達の活躍が楽しみである。

6月16日、17日と初等教育研究発表会 田中の授業は16日(金)

初等教育研究発表会が明日から始まります。
私の授業は残念ながら分科会とは異なる日で、明日の16日です。
昨年までは自分の担任クラスでの公開研究会でしたが、副校長となった身なので、専科の4年生での公開授業です。この子達、とっても素直でかわいいのです。今は割り算のひっ算をしてますけど、その続きの授業。
平日に行っている普段通りの授業の続きを行います。彼らの素直でひたむきな姿をぜひ見てほしいなと思います。
ちなみに私が、こうして公開研究会で子どもたちと授業公開ができるのも数えてみるとこの6月と来年の2月、そして最後の年に二回、合計4回となりました。私にとっても貴重な時間。かわいい子どもたちとの授業を私も共に楽しませてもらうつもりです。
担任クラスの時には、いつも朝早くから並んでくださっている先生のために、8時すぎから日常活動のお披露目をしていましたが、今年は専科のクラスなので公開授業のみです。
朝早くからくると、待っているのが退屈になりますけど、お許しください。では、皆様にお会いできるのを楽しみにしています。

新宿教育セミナー 今年は中川家礼二さんとのトークショー チケット発売開始

6月10日より受付を開始しました。
楽しい中川家礼二さんとたっぷり電車トークと子供時代の礼二さんの話をお聞きします。
かつての私のクラスにも電車が大好きな子どもがたくさんいました。
不思議なことに、その子達、みんな算数が得意だった子でしたねえ。路線図を考えたり、乗継を考えたりするところには算数のパズルと同じ楽しさがあるのかも。

申し込みは下記のところから

https://www.kinokuniya.co.jp/c/label/20170607095505.html

チラシはこちら↓

チラシ表面 新宿教育セミナー [修正版].compressed.pdf

目次に戻る

徒然なるままに・・

筑波大学附属小学校の副校長職について二か月が過ぎました。
生活の変化に戸惑ってましたけど、今は学校全体を私のクラスのように思うことにして、別の意味で新鮮な日々を過ごしてます。
面白いのはぶらりと副校長室に遊びに来るいろいろな学年の子どもたちとの会話。
ある二年生・・。「コンコン。失礼します」
私「はいはい、なんでしょう」
二年生の男子が静かにでもぞろぞろ入ってくる。そして一言。
「へー、こんなふうになっているのか」と部屋を見渡す。
その後、にこにこしながらこれまた静かに去っていきました。なんじゃ、これは・・・
一度、副校長室に入ってみたかったそうで、昨年まで二年生の担任をしていた私だから行っても大丈夫かなと思ったのだそう・・・。
別の日。今度は一年生。
「先生、これ落ちてました。」と手にはゴムの髪飾り。「誰のか わかりますかあ」とかわいい笑顔。
私が「わからないなあ」と告げると
「ふーん、副校長先生でもわからないことあるんだあ。ふつうだね・・」だって。
おいおい、あのね、スーパーマンじゃないんだから。

また別の日、今度は上級生が算数の質問にもきていて・・。
まあ遊びに来ているのか勉強しに来ているのかよくわからないんですけど。
話の中に担任の話題。ふむ、こうして語られているのだなあ・・。あぶない、あぶない・・。笑

それでも違う視点で子どもたちと話ができて、何だか見える世界も一味違って面白いものです。
この学校は専科制だから今までも、ほかのクラスの子どもたちとの接点はたくさんあったのですけどね。
授業を持っていない子たちとの楽しい語らいの時間は私に別の意味でのエネルギーをくれてます。